「あだちワンダフルCMグランプリ」

あだちワンダフル
CMグランプリ

新しい日常だからこそのアイデアで、
新しい日常だからこそできる、
映像がある。

遂に第10回!
映像業界への登竜門である映像コンテスト

2011年度に始まった、あだちワンダフルCMグランプリ「通称:あだワン」。
過去9回の受賞者には、現在、映像業界で活躍するクリエイターたちが多く存在し、それぞれの現在地に立ったのは「あだワンがきっかけだった」と彼らは言う。
プロを目指す者は、登竜門として。映像制作を始めたい者は、はじめの一歩として。
それぞれが、それぞれのスタンスで参加できる映像コンテスト。それが、“あだワン”だ。

2020年9月15日(火)

2021年2月1日(月)

応援コメント

第10回記念 特別応援団に就任したANZEN漫才さんよりコメントをいただきました!

ANZEN漫才さんの受賞作品はこちら!

第1回ユーモア賞受賞
ANZEN漫才の「足立区の歌」

動画イメージ

第3回ハートフル賞受賞
足立区の唄

動画イメージ

過去受賞作品

第10回記念 大学連携プロジェクト

過去9回の複数の受賞者が学び、映像業界に羽ばたいて行ったデジタルハリウッド大学との連携プロジェクトが実現!
学生6人が4本の「足立区シティプロモーション映像」を卒業制作として制作。
完成後は区の公式プロモーション動画として公開する区と大学の連携企画。
2021年2月頃完成予定です。乞うご期待!

昨年のデジタルハリウッド大学の学生が受賞した作品はこちら!

第9回グランプリ
見つけた。幸せの青い鳥
劉逸傑リュウイツケツさん

動画イメージ

第9回 ジェイコム東京 足立局賞
あなたとつくる魅力のまち、足立区
劉卓リュウタクさん、聶婧ショウセイさん

動画イメージ

応募要領

  1. 応募作品のテーマ

    自由。ただし、足立区の魅力が区内外に広く伝わる内容であること。

  2. 各賞

    1. CM部門

      足立区の公式CMとして、足立区の魅力や足立愛が伝わる60秒以内(15秒単位)の動画を募集する。
      グランプリ1点、審査員特別賞1点ほか各賞は以下のとおり。

      【グランプリ】
      • 受賞者に10万円相当の商品券を贈呈
      • 豪華副賞として注目度の高い媒体でグランプリ作品を放映
      【その他各賞】
      • 準グランプリや協賛企業の名称を冠とした賞などを予定
      • 受賞者に副賞(商品券)を贈呈
      • 区が保有するデジタルサイネージ等で作品を放映
    2. お気軽投稿部門

      何気ない日常のワンシーンなどを切りとった動画などで、足立区の魅力や足立愛が伝わる15秒以内の動画を募集する。

      【優秀作品】
      応募者の中から、優秀作品として選ばれた10名程度に記念品を贈呈
  3. 主な選考基準

    1. CM部門

      1. ① 足立区の魅力や印象が、意外性やオリジナリティのある視点で表現されていること。
      2. ② 足立区を知っている人はもちろんのこと、知らない人に対しても足立区の魅力や良さが伝わりやすく、かつインパクトがあること。
    2. お気軽投稿部門

      1. ① 足立区の良さや魅力、足立区への思いを、15秒以内で分かりやすく表現されていること。
      2. ② 足立区を知っている人はもちろんのこと、知らない人に対しても足立区の魅力や良さが伝わりやすいこと。
  4. 応募作品の条件等

    CM部門

    1. 長さ(尺)
      60秒以内(15秒単位)
    2. 解像度    フルHD(1920×1080pixel)
    3. アスペクト比  16:9(横画面)
    4. ジャンル    実写、アニメーション、写真スライド、CG等は問いません。
    5. データ形式   MPEG形式・MOV形式
    6. その他    自作の未発表かつオリジナルの作品で、他者の権利を侵害しないものであること。

    お気軽投稿部門

    1. 長さ(尺)  15秒以内
    2. アスペクト比 16:9または9:16(縦・横画面のどちらでも応募可能)

     ※他条件は、CM部門と同じ。

  5. 応募資格等

    区内在住・在勤・在学又は映像制作のプロ・アマチュアも一切問わず、どなたでも応募可能とする。
    また、個人での応募のほか、団体・グループ単位での応募も可能とする。

  6. 応募方法

    1. インターネット

      【手順①】YouTubeでの作品公開
      動画共有サイト「YouTube」で応募作品を公開する。公開時、動画タイトルの冒頭に必ず「第10回あだワン応募作品」を記載する。
      【手順②】専用フォームから応募

      あだワン特設サイト内のフォームより応募。応募作品掲載先(YouTube上のページ)URLなど必要事項を入力し、送信する。

      • ※入賞者は最終的に映像(MPEG形式・MOV形式)を足立区へ提出するため、作品の元データは削除せず大切に保管してください。
      • ※応募者側に発生した費用は、応募者負担とする。
    2. 郵送

      必要事項をすべて記入した応募申込書と映像(MPEG形式・MOV形式)を収録した「DVD-R」1枚をあだワンCMグランプリ運営事務局(足立区広報室報道広報課デジタル情報・広告係)あてに郵送する。

      郵送での応募に係る注意事項
      • 応募は締切日必着といたします。
      • 作品のDVD-R収録時、オーサリング(ファイナライズ)処理はしないでください。
      • DVD-R自体に「タイトル」「応募者氏名」を必ず明記してください。
      • DVD-Rの返却はいたしません。
      • 郵便料金など応募に係る費用等は、応募者自身でご負担ください。
      • 送付中の事故により作品が届かない、不可抗力の事故等によりデータファイルが開けない等の問題が発生した場合、当事務局は一切の責任を負いません。
  7. 応募期間

    令和2年9月15日(火)から令和3年2月1日(月)まで
    応募者は、応募期間中に部門ごとに作品1点ずつの応募が可能。ただし、同じ作品を2部門へ応募することは不可。 

  8. 注意事項

    1. 作品中に公序良俗に反する表現及び放送コードに抵触するものや主催者の主旨に沿わない内容がある場合、応募無効とする。
    2. 登場人物の肖像権、音楽・映像・音声等の著作権については予め承諾を得ることとし、著作権処理を行なうこと。
    3. 第三者と紛争が生じた場合は、応募者で解決するものとし、主催者は損害賠償の責任を一切負わないものとする。
    4. 応募作品は各イベント等での上映、放送及びインターネット上での公開を予定する。
    5. 応募作品は、地域のまちづくりに活用いただける団体(各自治体等行政機関、一般財団法人足立区観光交流協会、株式会社ジェイコム東京 足立局等)に無償提供する場合がある。
    6. 応募作品は、足立区が所有又は他に認める媒体(区内、区外を問わず)若しくはその両方において足立区が自由に使用することができることとする。
    7. 新型コロナウイルス感染拡大防止(手洗いの徹底・マスクの着用、3密を避ける、撮影時は距離を保つなど)を講じること。
    8. 新型コロナウイルス感染症の国や東京都などの方針又はその他の理由により、「第10回あだちワンダフルCMグランプリ」を中止又は延期することがある。なお、その際も費用は応募者負担とする。
    9. 応募された時点で、上記注意事項のすべてに承諾したものとみなす。
  9. 個人情報取扱

    応募フォーム及び応募申込書に入力・記載された個人情報は、このコンテスト実施に関する事務処理においてのみ使用するものであって、利用目的以外に本人の同意なく個人情報を開示・公表しない。

  10. 選考及び表彰

    令和3年3月頃に審査委員会で入賞作品を選定する。

    CM部門

    表彰式で入賞作品を公式発表
    ※グランプリ入賞作品は北千住駅西口の大型ビジョン「あだちスマイルビジョン」等で放映予定

    お気軽投稿部門

    優秀作品受賞者に、記念品を郵送
    ※区の所有するデジタルサイネージで放映予定
  11. 主催

    足立区

  12. お問い合わせ先

    足立区 広報室 報道広報課 デジタル情報・広告係
    〒120-8510東京都足立区中央本町一丁目17番1号
    TEL 03(3880)5514 FAX 03(3880)5610
    E-mail eizo-koho@city.adachi.tokyo.jp

新型コロナウイルス感染症の状況により、中止または延期する場合があります。

感染予防・感染対策は、万全にして撮影をするようにしましょう。
手洗いの徹底・マスクの着用
NO!三密 密閉・密集・密接
SOCIAL DISTANCE 距離を保とう
暮らしや働く場での感染拡大を防止する習慣を一人ひとりが実践していきましょう。A New Normal with COVID-19

更新履歴

  • 2020.09.15

    応募受付を開始しました。

  • 2020.09.07

    オフィシャルサイトをリニューアルしました。